« February 2008 | Main | April 2008 »

March 31, 2008

オレたま・・・!

またまた某blogで紹介されていた「オレたま」を買って来ました。
取り敢えず、夜中の1時に馬事公園のTSUTAYAまで(笑)
しかし、ここまで成年誌でやっていいのか・・・ま、いいか!
てな訳で、まあまあ楽しめました、個人的な本命は今度、映画にも
なる「築地 魚河岸三代目」の新刊だったんですけど・・・
ああ、ノルウェーに行って見たいナーと思う今日この頃です。
同人誌の「狼・・・」本ですが、コンテが40Pぐらいあって大変です。
友達から借りた「モンティー・パイソンTV版」見ながら頑張っています。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

March 30, 2008

モーターサイクルショウ2008

今日は天気が良かったので、友人とビッグ・サイトまで
TOKYOモーターサイクルショウを見に行ってきました。
今年はデュアル・パーパス系の軽い車体のバイクが目立ち
BMWやKAWASAKI 、YAMAHAも新型投入でそれなりに
盛り上がっていました。
個人的には、長年使ってきたヘルメット JフォースⅡの新型
JフォースⅢが発表されていたので、ちょっと欲しくなりました。
全体的にも盛況で、バイク人口は、まだまだ健在なんだなと
安心しました。
帰りは築地でランチとかしていたのですが、お台場から築地まで
一般道が開通していたのは驚きでした。ついでに日産本社に
寄って GT-Rを観てきましたが、凄い車でした。日本車恐るべし(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2008

ちりとてちん・・・最終回!

これを書いている時はまだなのですが、本日「ちりとてちん」が
最終回を迎えます。今時の刺激的なドラマが、お好きな方には
あくびが出るような作品ではありますが、私にとっては毎日が
宝石のような珠玉の傑作でありました。どちらかというと、70年代
テイストの強いホームドラマではありましたが、生活感がリアルで
あるが故に登場人物に感情移入出来たのではないでしょうか。
このドラマには、人が生きていく上で一度は経験する悩みや喜びを
人間関係を通して上手く表現出来ていたと思います。
個人的には順ちゃん・草原さん・正典さんのような人が側にいたら
人生も、もう少し楽しめたのではないかと・・・・・
「ちりとてちん」は10年に一度の作品です、出来ますれば本日の
最終回が大団円になることを強く期待しております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2008

PARTI CIPET(パーティシペット)

田沼雄一郎氏の久しぶりの単行本「PARTI CIPET」が某blogで
紹介されていたので、アマゾンで註文したら直ぐ届きました(早!)
さすがにベテランだけあって、読み応えのある良いエロマンガでした。
仕事柄、話題になった本は、買うのですが、割りとハズレも多く
気合の入った匂い立つような凄いエロ作品には中々お目にかかれません。
ロリ系にはまったく興味はないので、その手のジャンルの名作は除きますが
ホント「PARTI・・」は傑作です。とにかく個性的でキャラが立っており、作品から
性臭がしてくるような気さえします(笑)臭いチンポを描かせたら田沼氏は
日本一かもしれない(ゴメンナサイ)
とにかく、解り易くて読み応えもありお買い得の一冊ではないでしょうか!  
超オススメです!

| | Comments (133) | TrackBack (0)

狼と香辛料・・・最終回!

アニメ「狼と香辛料」が最終回を迎え終わってしまいました。
ほんと、久々良いアニメだったので、とても残念です。
最終回は小説の2巻目というところなのですが、アニメの演出も
割と良かったです。特に最後のロレンスとホロのやりとりは
ほのぼのしていて、心温まる名シーンだったのではないでしょうか。
あの辺のくだりは、小説で詳しく載っているので、オススメです。
是非、第2シリーズ希望です(小説はまだ4巻もあるから期待したい)

同人誌で「狼・・・」本を作っているのですが、だいぶネームの書き直しを
しています。やっぱり「愛」がないとね(恥

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2008

ネムルバカ・・・!

「それでも町は廻っている」でおなじみの石黒正数氏の短編!?
「ネムルバカ」を買いました、アキバのメロンで「それでも・・」と
いっしょに並んでいたので、買ってみたのですが、良い作品でした。
最近、「よつばと」「ヒャッコ」「それでも・・・」など、普通の日常を
面白おかしく、描いた作品に心ひかれます。一番身近にあって
一番描きづらい題材ではないでしょうか。
まるで、それは古き良き日本映画のような心温まる物語たちです。
こういう作品が、何気に登場してくると、今時のマンガもまだまだ
捨てたものじゃないなと、思います。 幸せ!!

近頃、夜中にお腹が空くと車をトバして、新宿の「世界の山ちゃん」まで
手羽先を買いに行ってます(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2008

TheFEAST(フィースト)

渋谷までスクーターとばして、シアターNまで映画を観に行ってきました。
「The FEAST」面白かったです。B級ホラーバリバリの良作でした。
荒野にポツンと建つ一軒のバー、そこに不気味な生物の生首を持った男が
飛び込んでくる所から物語が始まる、バーを砦に10人の男女が生き残りを
かけて化け物どもと戦うという話です。とにかく次に誰がやられるのか予想が
つかないドキドキ感と所々にちりばめられた笑いのエッセンスが素晴らしいです。
最後の力押しも納得のいく出来で、必見の一本です。
渋谷シアターNには始めて行ったのですが、一階がアニメイトで驚きました、
いきおい「電撃大王」と「チャンピオンRED」を買いました。
「よつばと!」と「シグルイ」はやっぱり良いですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2008

犯人に告ぐ・・・!

レンタルDVDで「バイオハザード3」と「犯人に告ぐ」を観ました。
「バイオ・・」はもう、ミラ・ジョヴォビッチが好きな人はどうぞって
カンジです。何も新しいモノはありませんでした。
「犯人に告ぐ」ですが、ふつうに面白かったです。
主演の豊川悦史の警部補役は好き嫌いが分かれる所ですが
話が良いです。原作は読んでませんが、かなり新鮮でした。
ただ、お約束というか警察内部の情報リークや足の引っ張り合い
という、今風のエッセンスはどうなんでしょうか?「相棒」でさんざん
見慣れているせいもあって、少し残念です。

今サンクリ合わせで「狼と香辛料」本を作っています、なかなか
ヒドイはなしになって来たのでお楽しみに!

24日発売の「まんがタイムフォワード5月号」みてね!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2008

ブラブラバンバン・・・GOOD

今日は早起きして渋谷Q-AXまで映画を見てきました。
「ブラブラバンバン」ちょっとHなブラスバンド青春映画です。
ヤングサンデーに連載されていた柏木ハルコさんの作品です。
エロくて上品で面白かったです、個性的なキャラも多く楽しめました。
SGとは違った音楽の切り口が新しく、いきなり「ボレロ」と「タブー」から
入るあたり、学園モノとのギャップに笑えます。
主演の安良城 紅が良いキャラでエロいです、スタイルも声も良いので
観ていてあきません(たぶん、ハーフなんだろうな)
他にも足立 理、近野成美など美味しい若手がさえた演技を見せ
藤村俊二、宇崎竜童、原日出子等ベテランが脇を固めています。
個人的にオススメの一作です。
あと、予告編でわらったのがあの「お姉チャンバラ」がTHE MOVEに
なりましたってコトです(笑) 綾・咲・レイコがゲームそのままに
あのコスチュームでゾンビと戦います。ホントいいのかよって感じです。
今日は良い映画を観れたので幸せです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2008

みかんの園・・・最終回!

「みかんの園~がんばれ関口さん~」最終回を入稿しました。
短期連載ではありましたが、とても有意義が仕事が出来ました。
最後のページをペン入れしながら、少し涙ぐんでしまいました(恥
たぶん、良いマンガになったと思います、これを読んで共感してくれる方が
1人でも、いてくれたなら作家冥利ににつきます。
「まんがタイムフォワード5月号」観てください、お願いします。

このblogを始めて4年、もうすぐ10万hitです(笑
これを読んでくださった皆様ありがとう御座います。
これからも、よろしく         ITOYOKO

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2008

3月1日は映画の日・・・!

昨日、映画の日に「リアル鬼ごっこ」を観てきました。
日本映画にありがちな、たるいイントロとかは無くて
サクサク話が進む良い映画でした。
アクションとかも変に金をかけず、あくまでも鬼ごっこという
ルールにこだわって作っているので、パラレルワールドネタにも
かかわらず話が解かりやすいのも好印象だったです。
ヒロイン役の谷村美月は歳の割りに妙な色気があって
将来期待できる役者です(田中麗奈に似ている)
「リアル鬼ごっこ」は少ない予算でそこそこ楽しめる映画を作った良作
ではありますが、今の日本の映画産業の限界も見て取れる作品です。
戦時中の日本のようにアイディアと役者の知名度だけで乗り切ろうとしている
映画界はヤバイ気がする。時間=お金をかけて、良作を作らないと
ほんとTV業界のようにダメになっちゃうよ。ガンバロ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »