« November 2010 | Main | January 2011 »

December 30, 2010

傾物語・・・あることに気づいた!?

アマゾン等の読者の感想を読んでいて気づいたのですが

「偽物語 下」巻末の予告ページに

「蘇る武者と迷子の少女。はしゃぎ戯れ舞い踊り、終には傾く物語」

とありました。

あきらかに今回出版された「傾物語」の内容と違うと思うのですが

「武者」とか出てこないし・・・・まあ、本編が面白かったから良いのですが

とても気に掛かってましたので、自分なりに推理してみました。

本来、書かれた小説には、アララギ君と八九寺ちゃんの

壮絶な変態コミュニケーションが満載で

それこそ「猫物語 黒」の月火ちゃんとのプレイのようなシーンが

1/3を占めるくらい描かれてあったのではないかと!!!

いや、西尾維新のいきおいからすると1/2はあったのではないか。

では何故話が差し替えられたのか?

それはもう、ひとえに例の「都条例」が原因でしょう。

いくら小説は除外されるとはいえ

年末、ぶっちぎりで売れるであろう、この作品がやり玉に

上げられる可能性が無いわけではない。

主人公が幽霊とはいえ、小学生にセクハラしまくるネタは

いつ連中の目に止まるか知れたものではない。

故に幼女体型とはいえ、600歳の吸血鬼と言い逃れることが可能な忍との

ストーリーに変更されたのではないでしょうか。

出版社各社は来年4月施行の都条例に対して

足元をすくわれない様にと準備しているようですし。

ただ個人的には、アララギ君と八九寺の破滅的な掛け合いが

読みたかったなあと、思うばかりであります・・・・残念!

次の変態後輩、神原駿河の「花物語」に期待するばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2010

変態委員長・・・発売!!

富士美コミックスから、ついに「変態委員長」が

発売されました。

今年は、体調が優れず仕事も同人誌も休みがちで

グダグダな1年でした。

そんな状態の中、辛抱強く待ってくれた編集さんには

頭が下がるばかりです(恥

12月27日には、バンブーコミックスの方からも

「キャラメルワイフ」が発売されますので、お楽しみに!

それにしても、今年はあちこちに迷惑を掛けたせいで

来年の仕事が何一つ決まっていないのが、少し不安です。

まあ、そろそろ自分を見直す旅にでも出ますか

車検も終わったコトですし・・・出雲大社とかいってみようかな!

取り敢えず本が売れてくれる事を祈るばかりです・・・ではまた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2010

傾物語・・・・微妙なカンジ

すっごく楽しみにしていた西尾維新の新刊

「傾物語」が手に入ったので、一気読みしました。

読み終わっての感想は「アレ!」ってカンジです。

もともと趣味で書かれていた「化物語」シリーズは

穴あきチーズのような小説で、どこか読者に説明不足な

部分がありながらも、主人公アララギ君の変態紳士ぶりや

心に傷を持った少女たちとの妄想を妖怪ネタで

オブラートした青春小説だったのですが

「猫物語 白」後半あたりから、普通のラノベになってしまったようで

今回の「傾物語」でも、本当に普通のラノベになってしまっています。

たぶん、急遽続巻を出す羽目になり

良いアイディア(変態レベル)もまとまらない内に

書き上げた為ではないでしょうか・・・・非常に普通です。

たぶん、「化物語」シリーズとしては

一番まともに読めるモノではあるでしょうが

一番「西尾維新」らしくない作品です。

例えて言うなら、本能で書かれた作品ではなく

技術で書かれた小説のようなプロっぽいカンジ・・・

一応、次巻以降に繋がる伏線は、何本か張られて

いるようですが「傾物語」としては

読者(西尾ファン)を満足させるコトは出来ないでしょう。

八九寺ネタならもう少しヤリようは、あったと思うのですが残念です。

唯一、この「傾物語」の中で、上手いと思った部分は

X世界でのアセロラが別の世界から来た二人を見て

全てを悟って自己犠牲する件は、西尾作品らしさと

評価できるのですが。

八九寺ネタで、この内容では宝の持ち腐れとしか

言いようがありません、次回の「花物語」での

巻き返しを期待します(個人的にも神原ファンなので)

かなり言いたい放題書いてしまいましたが

「化物語」シリーズは、新世代の可能性を

カンジさせる作品なので、もっと試行錯誤していただいて

悪戦苦闘の末、出版を続けて欲しいものです。

本当に期待しております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2010

コミケ79は・・・オリジナル!!

今回コミケ79・・・配置は O-11a です。

今回の本は「痛嫁物語」 オリジナルです。

あと限定コピー誌「人に儚いと書いて あららぎ と読む3」も

出ます、月火&火燐 ネタです。


いろいろ考えたのですが、いまいちノリが悪くて

結局オリジナルになりました。


それでは、皆様のお越しをお待ちしております。

年末にでる「傾物語」が早く読みたい・・・読みて~(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2010

武士の家計簿・・・良作

YAMATOの口直しにこの前の土曜日

レイトショーで「武士の家計簿」を観て来ました。

やはり、堺雅人は良いですね!!!

「ゴールデン・スランバー」の暗雲を晴らすかのような快演で

通好みの映画でした。

他の役者さんも渋い演技を見せてくれて、引き締まった印象でした。

ただ、くれぐれも注意していただきたいのは、30~50代の

手に職を持つ男性にしか受けない内容なので、観る客を選びます。

若い方には、まったく面白くない映画なので要注意です。

個人的には大満足です。


あと、DVDで北野作品の「アウトレイジ」を観ました。

そこそこ面白かったです。

一昔前の深作監督っぽかったのが、良かったと思います。

(お約束の893の滅びの美学ってやつです)


あとDVDで「クリミナル・マインド 4シーズン」のレンタルが

始まったのと、10日から「ミディアム 5シーズン」が

出るので年末は退屈しないですみそうです・・・ではまた!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2010

宇宙戦艦YAMATO

映画の日ということもあり、友人と二人で

「宇宙戦艦やまと」(木村拓也var・)に行ってきました。

突っ込み所満載のダメ映画でした。

始まって1時間で5人は席を立って出て行ったみたい・・・・

せめて戦闘シーンだけでも、見ごたえがあったらと思うのですが

ほめる所が見つからない・・・どうしましょう?????

とりあえず、もうすぐ公開の「武士の家計簿」(堺雅人)で口直しを

出来ればと思います・・・・・勘弁してくれ

こんな気持ちになったのは「アサルト・ガールズ」を観た以来か

どっちも黒木メイサが出てるな・・・・ダイワガールか

「大帝の剣」にも出ていたな・・・・これってダメ映画のお約束!?

今後、監督の「山崎 貴」にも期待するのはやめよう。

そうだ口直しに「デス・カッパ」でも観るか・・・もうヤケだよ(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »