« February 2011 | Main | April 2011 »

March 30, 2011

花物語・・・さっそく読んでみた!

西尾尾新の新刊「化物語」シリーズ 「花物語」

速攻読みました。

神原駿河編大変おもしろく読ませていただきました。

なんか眉村卓の小説みたいでした。

とても読みやすくホラー青春小説という所でしょうか。

ただ、何と言うか西尾維新らしさというか、言葉遊びというか

独特の毒がありませんでした、神原駿河と言えばエロっ娘でしょう!?

それが「時かけ」もどきの主人公を演じてどうするのよ!!!!

それこそ、100pぐらいはアララギ君とエロ談義を繰り返して欲しかったです。

そう思う読者は多いはず(笑

で、本編ですが、主人公である神原が自分であがいて自分で何とかするという

このシリーズのお約束は果たされております。

オチについても、充分納得がいくものでした。

ただそれだけに毒がないのは、ものたりない。

普通の神原駿河なんて仲里依紗レベルですよ。

唯一の救いは所々に現れるアララギ君が、この物語は「化物語」であることを

証明するが如く、笑いと勇気を神原に与えている所でしょうか。

(やはりアララギ君が主人公なのですね)

前刊の「傾物語」はみんなの期待を大きくはずした良作でしたが

どうも、西尾維新がオーバーワークで、とっちらかってるカンジがします。

素直に読者の期待に答えた、変態青春小説を出して欲しいものです。

次刊の「囮物語」は、なでこ編なので是非変態レベルを上げて

我々読者を歯軋りさせるような傑作を魅せていただきたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2011

なんか・・・ヤバイのかな!?

取り敢えず、車のガソリンの残量が不安だったので

近所のスタンドに行ったのだが、なんか行列が

凄かった、普段はガラガラのお店なのに(怖

1時間ほどかかって補給できたのだが

給油制限があり20Lまでだった。

良心的なお店だったので便乗値上げなどは

無かったのだが、それにしても

こんな行列はオイルショック以来じゃないのかな。

ついでに食料品も買おうと思いスーパーに行ったら

ここでも長いレジの行列が出来ていて

疲れそうだったので、何も買わずに帰りました。

実際、ちょくちょく水とかレトルト食品等買い置きは

してあったので、一ヶ月くらいは平気なんだが

いつまで続くのか心配になってきた。

まあ、馬鹿マスコミが昨日から、食料不足を

あおったおかげなんだろうが、これじゃあ

災害地区に送る救援物資が足らなくなるんじゃないか・・・

TV観たら、今度は原発があぶないみたいな情報ながしてるし

危機感あおり過ぎだっちゅうの(怒

唯一の救いは、今回の騒動で、食品在庫が一気に吐けて

経済が回りだすコトを願うばかりです。

あと、こんな時こそアニメ番組やお笑い番組を流して

少しでも暗い気持ちを忘れさせる努力をTV局は

して欲しいものです。

(人の不幸で飯食ってるなんて、パチンコ屋と一緒じゃないか)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 12, 2011

ゆれた揺れた・・・怖い

ちょうど車に乗っている時、揺れました

うちの近所は、信号機がのきなみ消えていて

交差点では、緊張しました。

なんとか家に着くと、本棚が倒壊してたり

フィギュアが散乱してたりと、後片付けが

大変でした。

一番ショックだったのが、原稿に飲みかけの

紅茶が飛び散っており、書き直しを余儀なくされたことです。

一時は関東大震災かと思いましたが、ともかく

身内は全員無事だったので、一安心です。

北関東や宮城、岩手の方はダメージが凄いようで

かなり心配です、原発大丈夫かな?

とりあえず、買いだめと水は確保してあるから

家でジッとしていることにします。 ではまた!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2011

矢口史靖監督・・・始動

ネットで映画情報を探っていたら

嬉しい項目を発見!しました。

あの「スィングガールズ」の矢口監督が動きだしたらしいです。

作品タイトルはわかりませんが、現在九州小倉で

エキストラを募集しているようです。

アルタミラの公式でも告知らしきものがあり

全面九州ロケのようです。

いくつかのサイトでは、コスプレエキストラの募集もあり

オタクキャラなどのからみもありそう・・・・

とにかく矢口史靖監督が動き出したことで

2年以内には新作が観られそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2011

「花物語」・・・予約してきた。

講談社BOXの3月新刊予定に

西尾維新の「花物語」が出ていたので

さっそくTSUTAYAで予約してきました。

前巻の「傾物語」は某書店の不手際で

発売から2日経って読む羽目になり、ちょっと残念だったので

今回は万全をきして予約しました。

はたして「神原 駿河」の運命やいかに・・・・!


レンタルで「パンドラム」が出ていたので観ました。

評判はいまいちだったらしいのですが

SF好きの私としては、かなりOKな作品でした。

ここの所「カーゴ」や「月に囚われた男」など

宇宙を題材にしたSFが、目白押しでうれしいかぎりです。

たぶん素人さんには、つらいモノだと思いますが

こういうのも必要なんです。

4月は「ロサンゼルス決戦」があるので観に行く予定です。

「キック アス」がTSUTAYA限定でレンタル開始みたいです。

これは良い作品ですので、観ることをオススメします。

それにしても「限定」とか、レンタル業界も熾烈な

生き残り競争が始まっているみたいですね。

そのうち、ネット配信だけとかになってしまうのでしょうか!?

寂しいかぎりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2011

川の底から こんにちは・・・良い映画

久しぶりに日本映画らしい良い映画に出会いました。

「川の底から こんにちは」 主演 満島ひかり 監督 石井裕也

PFFスカラシップ作品で、矢口監督のデビュー作「裸足でピクニック」と

同じ所らしいです。

だめでダメでだめなOLが、父親の入院を機に

実家に男とつれ娘を連れて逃げ帰ったのだが

そこでもダメッぷりを発揮して、はじめの1時間は

人生の川の底だったのだが、あることをきっかけに

開き直って、一念発起するという、人情コメディーです。

特にしじみ工場で歌われた社歌がなんともゆかいで

とても耳に残ります、感動作ではないけれど良い話です。

主演の満島ひかりは、上野樹里以来の良い役者です。

脇を固めるババアたちも好演を見せ、汚いジジィもいっぱい出てます。

とにかく日本映画が好きで、山田洋二あたりが好きな人には

ストライクな傑作と言えるでしょう、チャンスがあれば見るコトを

オススメします、ただいま好評レンタル中です。


今日は映画の日でしたのでレイトショウで

「マクロスF サヨナラノツバサ」観てきました。

もう、歌と映像のオンパレードで凄かったです。

これはDVD買いですかネ!!!!

お話はまあ、放っておいて映像だけでも

見る価値あり「ガンダムOO」も凄かったけど

「マクロスF」は映像が美しくて音楽が最高!

菅野ようこ様さまです。

良い気分転換が出来ました(ありがとうです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »